本ページはプロモーションが含まれています

VIO脱毛~医療レーザー脱毛から針脱毛を経てハイジニーナ完了~

美容

VIO脱毛を2017年からゆるゆる開始。2023年初めに完了。

湘南美容外科クリニックで12回照射→針脱毛4回

可愛い下着を買っても、毛がはみ出てしまう・・・綺麗に着たい♡

そんなから思いからVIO脱毛を開始しました!

VIO脱毛とは

デリケートゾーン部分の脱毛です。すべての毛を脱毛するのではなく、毛量を減らすだけや一部だけ脱毛することもできます。

Vライン
足の付け根のあたり、膣と足の付け根の三角の範囲がVラインです。

Iライン
膣の両サイドの部分です。

Oライン
肛門周りの部分です。

メリット

自己処理の手間が減る
毛量が減ることで自己処理の手間が減ります。少し残す場合でも、自己処理の頻度が減ります。VIOの自己処理は、時間がかかります。色素沈着でシミやくすみになったり、毛自体が太くなってしまうことも・・・!

ニオイや蒸れ対策になる
毛量が減ることでニオイや蒸れの不快感から解放されます。汗や生理の経血が付着し、蒸れやすく、蒸れると雑菌が繁殖しやすくなるため、ニオイや肌トラブルが起こりやすくなります。VIO脱毛をすることで、生理中の不快感が軽減されます。

VIO脱毛を始めるまで、トイレで下着を脱ぐたびにニオイが気になっていました。。

デメリット

痛みが強い
VIOは敏感なため、レーザー照射時の痛みが強く、痛みを感じやすい部分です。クリニックの医療脱毛では麻酔クリームを使用できるので少し痛みは軽減できそうです。

当初は毛量を減らすつもりで脱毛に通っていました。

先に脱毛を始めていた友人から「一旦全部剃って照射することで毛質が柔らかくなった!」と聞いていたので、1回目は全部剃って行きました。

その後は、逆三角形を目指していましたが、毛が少ない快適さがやみつきになり、ハイジニーナを目指しました。

12回終わることには大体黒い毛はかなり細くなっていました。お手入れもかなり楽に!

ただ、医療脱毛は、黒い毛に反応する仕組みになっているので色素が少し抜けてしまっている茶色い毛や白い毛には反応せず・・・残ってしまっていました。

茶色い毛や白い毛も本数は少ないから、電気シェーバーでお手入れするのも楽ではあるんですが・・・やっぱりなくしたい!どうにかならないものかと思い、ネットで検索。

針脱毛を発見!

針脱毛とは?

毛根に沿って針を入れ、電気で毛根・毛球・毛乳頭を破壊して脱毛する方法です。レーザー脱毛だと断られたり、効果が出にくい白髪、色素部位の毛、レーザーでは照射不可の眉毛の脱毛を可能です。

針をVIOに刺す?!痛いのでは?!
そうなんです、、これがかなり痛い。麻酔をしてもらえますが、麻酔も注射器での麻酔なので・・・かなり痛い。でも効果は絶大です。
毛周期の関係で4回ほど通うことにはなりましたが、医療レーザー脱毛後の残った毛を針脱毛でピンポイントで抜いていくことでハイジニーナが完了しました。
VIO脱毛の痛みを我慢した甲斐があり、いつもVIOは快適な状態。
Tバックやおしゃれな下着も着こなせるようになりました♡
タイトルとURLをコピーしました