本ページはプロモーションが含まれています

冬のお風呂はヒートショックに要注意!~おすすめのお風呂の入り方~

健康

冬のお風呂は心筋梗塞などのリスクをはらんでいます。
先日父が心臓の精密検査を受けたことをきっかけに、ヒートショックについて調べて注意すべき冬のお風呂の入り方をまとめてみました。

冬のお風呂に潜むリスクとは?

冬のお風呂のリスクそれは「ヒートショック」

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が大きく変動することです。これにより、心筋梗塞や脳卒中など入浴中の事故が引き起こされます。

ヒートショックが原因とされる入浴中の死亡事故は年間1万2000人~1万7000人もいると言われているとか。。。

まだ若いから全然大丈夫!という人も両親や祖父母のために参考にしてみて下さいね。

ヒートショックのイラスト「お風呂場でふるえる老人」

脱衣所と浴室の温度差を少なくする

温度差をできるだけ少なくすれば、血圧の急な変動を防ぐことができます。

例えば、脱衣所にヒーターなどの暖房器具を置いてみるとお風呂上りに脱衣所が寒いといったことを防ぐことができます。

浴室内が寒いようでしたら、洋服を脱ぐ前にお風呂の蓋を開けておくことで、浴室の温度を上げることができます。

お風呂の温度は42度未満

42度を過ぎたあたりで、リラックスできる温度から身体が緊張する温度になると言われるためです。
心臓にも負担がかかってしまいます。
熱いお風呂って入浴後のさっぱり感が普通のお風呂とは違いますが、ヒートショックを考えると避けたいですね。

浴室からすぐに取ることができる場所にタオルや着替えを置く

浴室から手を伸ばして取れる位置に置いておくことですぐに着替えることができ、急激な温度変化が防げますね。

自分は湯舟には浸からないよという人も急激な温度変化には注意が必要です。

靴下を履く

お風呂に入る前にヒーターで脱衣所を温めていても、お風呂を出た後、化粧水で肌を整えたり髪の毛を乾かしたりしている間に足が冷えてしまうこともありますよね。
すぐに靴下を履くことで温度差を防げますね。

冬場は寒くて当然ですが、ちょっとした心がけで避けられるリスクは、避けたいですよね。
どの項目も実践するのは簡単なので参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました