本ページはプロモーションが含まれています

ストレスの限界サイン

人間関係

自分の限界を超えて、心身共に不調になってしまったことありませんか?

限界サインとはどういったものがあるのか見てみましょう。

限界サイン

  • 精神疾患を発症する
  • 難聴や不眠症、頭痛、耳鳴りなどが起きる
  • 仕事や勉強に集中できなくなってくる

精神疾患を発症する

これは限界のサインで1番多く、有名ですね。
発症してからも自分では気づきにくいものです。

完璧主義な傾向があるため、自分のミスや失敗を過度に気にしてしまう
周囲変化に敏感なため、常にストレスを感じやすい
人の気持ちに共感しやすいため、ストレスや不安を溜め込みやすい
必要以上に周りを気にしてしまう

このようなことが原因と考えられます。

難聴や不眠症、頭痛、耳鳴りなどを発症する

身体の不調が起きると、イライラしてしまいますね。

睡眠不足
運動不足
生活習慣の乱れ

このようなことが原因と考えられます。

結果、毎日体調が悪く、気分もすぐれず、ネガティブ思考になりがちになる、といった負のループにはまってしまいます。

周りの空気を読みすぎて疲れてしまう
自分の意見や考え言えない
他人に気を使いすぎて、疲弊してしまう
他人からの評価を気にしてしまい、プレッシャーを感じてしまう
自分の能力に自信なく不安

頑張っているからこそ浮かぶ悩みで、活躍しなければと思えば思うほど苦しくなるかもしれませんね。

こうやって悩んでいるうちは良いですが、そのうちすべてどうでも良くなってくる、その時はすでに心身ともに疲れ果てているサインです。

これ以上は無理という時は?

目覚ましをかけず好きなだけ寝てみる
好きなことを全力でする時間を作る
運動をする
どうしても気が向かない日は休んでみる

他人に迷惑をかけるんじゃないかと思われるかもしれませんが、自分で乗り越えようとしても難しそうなら、周りの力を借りましょう!決してひとりではありません。

気を紛らわせても何も変わらなかった、そんな時は自分のことを理解してくれる人に話を聞いてもらうことで、ストレスを解消になったり安心することができるかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました